(完全版) スリザリンを徹底解説 “真の後継者”は、意外なあの人…!?🤯「偽のロケット」の知られざる秘密とは? 寮の特徴や卒業生も!🐍

この記事では、スリザリンのすべてについて紹介!

Credit: Official Giphy

「スリザリンの5つの特徴」や「個性的な卒業生たち」など、基本的な情報に加えて、

記事の後半では、「スリザリンの後継者」や「スリザリンのロケット」の謎についても詳しく解説しています!

Credit: Official Giphy
目次(クリックすると開きます)
  1. スリザリンとは?
  2. スリザリンの寮
  3. スリザリンの制服 緑
  4. スリザリンの生徒(卒業生)
  5. スリザリンの評判
  6. スリザリンの”3つの謎”

スリザリンとは?

スリザリンの紋章

スリザリンの紋章は、グリーンとシルバーのデザイン。

Credit: Official Instagram

中央には、スリザリンのシンボルである蛇があしらわれています。

スリザリンの意味

スリザリンの英語のスペル(つづり)は、Slytherin。

それでは、”スリザリン”とは、何を意味しているのでしょうか…。

Credit: Official Giphy

スリザリンという寮の名前の由来は、創設者であるサラザール・スリザリンに由来しています。

スリザリンの創設者

スリザリンを創設したのは、今から1000年以上前に生まれた魔法使いの、サラザール・スリザリンでした。

その時代の最も優秀な魔法使いの一人として名をはせたスリザリンですが…彼はこんな特徴を持っていたとされます。

  • 純血(魔法使いの両親に生まれた)
  • パーセルマウス(蛇と話せる)
  • マグル生まれをホグワーツで教育することに反対した

こんなサラザール・スリザリンの特徴が、スリザリンの寮の特徴にも反映されています。

スリザリンの特徴

スリザリン寮には、大きく分けて5つの特徴があります。

順番に確認していきましょう。

1.純血(魔法使いの両親に生まれた)生徒が大半

スリザリンの特徴の一つ目は、魔法使いの両親のもとに生まれた生徒が大半を占めるということ。

その理由は、創始者であるスリザリンが魔法使いの血統を重んじる「純血主義者」だったから。

それでも…マグル(魔法使いでない人間)の血を引く生徒もスリザリンに在籍しています!

例えば、マグルの父親を持つヴォルデモートやスネイプは、半純血のスリザリン生の代表例。

残念ながら、ハリー・ポッターの本の中に「マグル生まれのスリザリン生」は登場しませんが…

「スリザリンに入寮するためには、純血または半純血でなければならない」というルールは無いので、私たちのような”マグル生まれ”からスリザリンに入寮することも、不可能ではないはずです。

確かに、”血統”はスリザリンにおいて重要視されます。

しかし、これから挙げる”スリザリン生の特徴”を満たしているかどうかが、「組み分け帽子」がより重視するポイントなはずです!

2.伝統を重んじる、保守的で古風な寮

スリザリンは、ホグワーツで最も”伝統を重んじる寮”といっても過言ではないでしょう。

Credit: Official Giphy

マグルとの融合を嫌い、魔法使いのコミュニティを守ろうとするその姿勢は、スリザリンの保守的な側面を表しています。

革新的なアイデアを手に、社会を変えようとするような姿勢は、スリザリンでは好まれません。

その反面、一族のつながりを重視して、”古き良き伝統”を受け継ごうとする姿勢を強く持つのがスリザリンの特徴です。

3.人々を惹きつけるカリスマ性とリーダーシップの持ち主

スリザリン生の最大の特徴の一つは、人々を惹きつけるリーダーであるところ!

物知りで複雑な計算などが得意なレイブンクロー生に対して、スリザリン生は実践的な頭脳を備えています。

Credit: Official Giphy

どうすれば、効率よく人々を動かし、問題を解決できるか。

そんなミッションを与えられたとき、本来の力を発揮するのがスリザリンです。

そのカリスマ性とリーダーシップは、現実世界でも役に立ち、魔法省の重要なポジションには、伝統的に多くのスリザリンの卒業生が務めてきました。

しかし、その反面…スリザリン生の魅力にあふれたカリスマ性は、「大衆を扇動し、コントロールする独裁者」であるヴォルデモートを生んでしまったという暗い一面も…

Credit: Official Giphy

良くも悪くも有能なリーダーであり、人々を簡単に操ってしまうのがスリザリンの特徴です。

4.野心的で計算高く、狡猾なリアリスト

スリザリン生であるならば、冷酷な一面を持つ必要もあるかもしれません。

と言うのも、スリザリン生の特徴は、「自分の利益のために、計算された行動をとる」ことだからです。

Credit: Official Giphy

ですから、スリザリンの生徒がすることはすべて、「より効率よくゴールにたどり着く」ための、完全に無駄を省いた行動です。

自己犠牲の精神を持つグリフィンドールやハッフルパフとは対照的に、その計算高い行動から批判を受けることも多いスリザリン。

しかし、その狡猾さを生かし、一番早くゴールに到達してしまうのも、またスリザリンなのです。

5.闇の魔法使いを数多く輩出

数多くの優秀な卒業生を輩出してきたスリザリン。

しかし同時に、多くの闇の魔法使いを生み出したという暗い歴史もあります。

Credit: Official Giphy

その筆頭は、ヴォルデモートで、彼の仲間たちの多くもまたスリザリン生でした。

とはいえ、「スリザリンは悪の魔法使いの寮である」というのは勘違いです。

「野心的・狡猾・保守的・カリスマ性を備えるリーダー」

という特徴を持ったスリザリン生が、ヴォルデモートのような”独裁者”にとって利用しやすい存在だったのかもしれません。

闇の道に進むのを拒んだスリザリン生は、政府の重役などのハイクラスなポジションで成功を収めています。

Credit: Official Giphy

スリザリンのシンボル

スリザリンのシンボルは、蛇です。

スリザリンの動物が蛇である理由は、創設者のサラザール・スリザリンに関係しています。

実は、サラザール・スリザリンは、蛇と話すことができる「パーセルマウス」という特殊能力の持ち主でした。

Credit: Official Giphy

「パーセルマウス」は、スリザリン家の血統の証とされており、スリザリンの遠い親戚であるトム・リドル(ヴォルデモートの本名)も、パーセルタングを操っていましたね。

映画の中でも、ヴォルデモートがペットの蛇であるナギニと話すシーンが良く出てきました。

さらに、スリザリン家の末裔ではありませんが、赤ちゃんの頃にヴォルデモートから呪文を受けたハリーもまた、パーセルマウスの特殊能力を受け継いでいました。

スリザリンのエレメント

そんなスリザリンは、”水のエレメント”の寮としても知られています。

Credit: Official Giphy

スリザリンの寮が湖の底にあるのも、それが理由です!

スリザリンの寮

スリザリンの寮(談話室)は、ホグワーツの湖の底深く、「地下牢」に位置しています。

と言っても、牢屋ではありません。🤚‍

窓からは湖の様子が見えるデザインで、スリザリンのミステリアスな雰囲気を演出しています。

Credit: Official Instagram

ちなみに、「秘密の部屋」では、ハリーとロンがクラッブとゴイルに変装(ポリジュース薬)をして、スリザリン寮に忍び込むシーンがありました。

Polyjuice Potion (Part 2) | Harry Potter and the Chamber of Secrets

とはいえ、映画にスリザリンの寮が登場したのはこの一度だけ。

映画のシーンでは、寮の部屋の全体が見えないので、「寮の他のエリアはどんなデザインになっているのだろう」と気になりますね。

こんなダークなイメージのスリザリン寮もあれば、

Credit: Official Instagram

2階が吹き抜けになっていて、中央に湖が大胆に露出しているこんなバージョンも。

正直、これくらいの明るさがあったほうが、勉強をするにはちょうど良い気もしますが…!

Credit: Official Instagram

スリザリンの制服 緑

スリザリンの生徒は、緑色のアクセントの入ったローブ(制服)を着ていますね。

Credit: Official Instagram

男子生徒のデザインはスリザリンらしくカッコよく、女子生徒の制服のデザインはかわいいです。😮

ローブを脱いで、シャツとネクタイのスタイルも。

Credit: Official Instagram

スリザリンのクィディッチのユニフォームは、こんな感じ。

Credit: Official Instagram

ちなみに、映画には出てきませんが、こんなコスプレも。

Credit: Official Instagram

スリザリンの生徒(卒業生)

スリザリンは、ホグワーツでも最も優秀な生徒を輩出してきた伝統ある寮です。

それでは、スリザリンの有名な卒業生を具体的に見ていきましょう。

🐍トム・リドル(ヴォルデモート卿)

トム・リドルという本名でホグワーツに通っていたヴォルデモート。

Credit: Official Giphy

群を抜いたインテリジェンスが教授陣の間でも評判だったリドルは、監督生そして首席として寮を統括する模範的な生徒でした。

しかし、その裏では闇の魔法への深い関心があり、卒業後は闇の用品店「ボージン・アンド・バークス」へ就職。

そして、姿をくらませた後、ヴォルデモートへと改名し、魔法界の征服を目指すことになります。

🐍マーリン

中世の時代の魔法使いであるマーリンは、歴史上最も有名な魔法使いの一人。

Credit: Official Instagram

その栄誉をたたえて、偉大な功績を残した魔法使いに贈られる「マーリン勲章」という賞が存在します。

マーリン勲章の受賞者は、

  • アルバス・ダンブルドア
  • コーネリウス・ファッジ
  • ミネルバ・マクゴナガル
  • リーマス・ルーピン
  • ピーター・ベティグリュー
  • ギルデロイ・ロックハート
  • ニュートン・スキャマンダー

など…

ちなみに、元魔法大臣のコーネリウス・ファッジが、自分自身にマーリン勲章を授与ときには大きな波紋を生みました…!😒

ピーター・ベティグリューは、「凶悪犯シリウス・ブラックに立ち向かった」という誤解によって受賞しています。

🐍ホラス・スラグホーン

スリザリンの寮長を務めたこともあるホラス・スラグホーンは、スリザリンの出身です。

Credit: Official Instagram

「スラグ・クラブ」という名前の生徒クラブを創設し、優秀な生徒を自ら育ててきました。

トム・リドルやハリー・ポッターがスラグ・クラブの出身者でした。

🐍セブルス・スネイプ

セブルス・スネイプもスリザリンの出身で、最終的にはホグワーツの校長も務めました。

Credit: Official Giphy

作中では、ダンブルドアに忠実に仕える姿が感動的でしたね!

🐍ドローレス・アンブリッジ

魔法省で高い地位へ上り詰めたアンブリッジは、実はスリザリンの出身です。

Credit: Official Instagram

ホグワーツの校長を務めたこともありました。

🐍 ベラトリックス・レストレンジ

ヴォルデモートの最も優秀なデス・イーターの一人だった、ベラトリックス・レストレンジは、スリザリンの女子生徒でした。

Credit: Official Instagram

🐍ドラコ・マルフォイ

マルフォイ家は伝統的にスリザリンの家系で、ドラコもスリザリンへ入寮しました。

Credit: Official Giphy

スリザリンへの高い誇りを持つ優秀な卒業生の一人でもあります。

おすすめ記事 マルフォイが実は”一番いいやつ”な10の理由🤚‍

おすすめ記事 マルフォイの毒舌すぎる20の名言💭

🐍パンシー・パーキンソン

パンシー・パーキンソンは、ドラコ・マルフォイの同級生で、スリザリンの女子生徒でした。

作中では、マルフォイに恋心を抱く描写もあり、4年生のダンス・パーティーには2人で通っています。

ちなみに、3作目の「アズカバンの囚人」では、ショートカットの女子生徒として登場しましたが、その役を演じたのは、ジュヌヴィエーヴ・ゴーントという女優さん。

Credit: Official Instagram

ちょっと反抗的な雰囲気がスリザリンらしく、かわいいですね!

31歳の彼女は、現在でも女優として活動中です。

そして、6作目の「謎のプリンス」からパンシー・パーキンソン役を演じたのは、スカーレット・バーンという方。

Credit: Official Instagram

本格的な演技力を買われて起用されたバーンは、今年で 31 歳。

彼女もまた、女優として活動中です。

🐍アルバス・セブルス・ポッター

「ハリー・ポッターと呪いの子」という演劇に登場するアルバス・セブルス・ポッターは、ハリー・ポッターの息子であり、スリザリンの卒業生です。

🐍スコーピウス・マルフォイ

Credit: Official Instagram

ドラコ・マルフォイの息子のスコーピウス・マルフォイも、スリザリンに入寮しました。

ハリーの息子であるアルバス・ポッターの親友として描かれています。

スリザリンの評判

スリザリンについて詳しく分かったところで…

今度は、賛否両論別れる”スリザリンの評判”について見ていきましょう!

“スリザリンは嫌だ”

「スリザリンは嫌だ」という言葉を残したのは、「賢者の石」で組み分け帽子をかぶったときのハリーでした。

The Sorting Ceremony | Harry Potter and the Philosopher's Stone

ハリーが「スリザリンは嫌だ」と組み分け帽子に頼んだ理由は、4つあります。

理由1.「ヴォルデモートがスリザリンの出身」ということを、ハグリッドから知ったから

ハリーが初めて会った魔法使いは、大男のハグリッドでした。

Credit: Official Giphy

ハグリッドからホグワーツについての話を聞くうちに、「スリザリンは闇の魔法使いを多く輩出している」ということをハリーは理解します。

スリザリンよりも、ハッフルパフの方がましかもしれないぜ…闇の道へ進んだ魔法使いの多くは、スリザリン出身だったから…”名前を言ってはいけないあの人”もその一人だったんだ。

ハグリッド

こんな話を聞けば、誰でもスリザリンに恐怖を持ちますよね…!

理由2.初めての友達、ロンが「スリザリンに入るのは絶対に嫌」と言ったから

最初の理由は、ロンのこの発言。

Credit: Official Giphy

お母さんもお父さんも、グリフィンドールだったんだ。もし僕も入れなかったら、どう説明すればいいか分からないよ。レイブンクローは悪くないと思うけど、スリザリンに入れられることなんて、想像してごらんよ。

ロン

ロンはハリーにとって初めてできた友人ですが、スリザリンがどうやら「悪い寮」であるという噂が、ハリーの中で確信へと変わっていきます。

理由3.マルフォイが「僕は絶対にスリザリンに入ると思うね」と言ったから

そして、ハリーはマルフォイにも出会います。

ドラコの傲慢な態度は、ダドリーからのいじめを受けていたハリーにとってあまり好印象には写りませんでした。

Credit: Official Giphy

そして、この発言…!

僕はスリザリンに入るはずさ。僕の家族は全員スリザリンだからね。ハッフルパフなんて想像してごらんよ。僕なら自主退学すると思うね。

ドラコ・マルフォイ

スリザリンへのあこがれを口にするドラコを見て、ハリーはスリザリンへの警戒心を強めていきます。

おすすめ記事 マルフォイの毒舌すぎる20の名言💭

そして、

組み分け帽子は、マルフォイの頭に触れた瞬間に「スリザリン!」と叫んだ

とあるように、ドラコは本当にスリザリンに入ります!

理由4.大広間のスリザリンの生徒を見て、自分には合わないと感じたから

そんなハリーは、ついに大広間で入学の儀式に参加します。

そこにはホグワーツの生徒が全員集まっていたのですが、

ハリーは今までの噂を聞いたからか、スリザリンの生徒たちは意地悪そうに見えた

とあります。

グリフィンドール出身のハグリッド、そしてグリフィンドール一家に生まれたロンからの噂を聞いたこと、

そして傲慢な態度のドラコがスリザリンに入ったことから、「スリザリンは嫌だ」という言葉がハリーの口から飛び出したんですね。

スリザリンはかわいそう

先ほどはネガティブな評判を紹介しましたが、「スリザリンはかわいそう」という評判もあります…。

Credit: Official Giphy

スリザリンが誤解されている理由は、ハリー・ポッターの作品が、グリフィンドール目線で書かれているからですよね。

確かに、「多くの闇の魔法を生み出してきた」という負の側面のありますが、一番冷静で有能なリーダーを生み出す名門の寮でもあるんですよね。

この記事で、スリザリンが誤解されている7つの理由をまとめています!

おすすめ記事 ダンブルドア👴‍のひいき…真っ暗で勉強に集中できなそうな談話室🦇…スリザリンが本当にかわいそうな7つの理由!😭

スリザリンはかっこいい

「スリザリンはかっこいい」という評判もあります!

なぜスリザリンはカッコイイと思われているのか、その理由を確認してみましょう。

スリザリンがかっこいい理由1.一番優秀な寮だから

Credit: Official Giphy

スリザリン生は、頭脳明晰で優秀です。

でもレイブンクローのようなガリ勉ではなく、行動力とリーダーシップ、そしてカリスマ性もある…

さらに、グリフィンドールのように向こう見ずなことは無く、常に冷静に状況を判断して、自分にとって一番利益になる行動をしたたかにとる…

そんなスリザリンはホグワーツでも一番優秀な寮と言ってもいいかもしれません。

スリザリンがかっこいい理由2.ダークだから

Credit: Official Giphy

スリザリンがかっこいい理由の2つ目には、「ダークな雰囲気を醸し出しているから」です。

ハリー・ポッターの作中では、闇の魔法使いをたくさん生み出した寮として、忌み嫌われるシーンが多いですが…

実は、そんな闇の部分にこそ惹かれる人も多いはず!

ハリー・ポッターの世界での権力者、ハリー・ポッターの世界でのエリート、ハリー・ポッターの世界での陰謀論の中心…

そんな暗い部分が、スリザリンのカッコよさを引き出しているはずです。

スリザリンの”3つの謎”

歴史の長いスリザリンには、多くの”謎”があります。

Credit: Official Giphy

ここでは、スリザリンの”3つの謎”について振り返ってみます。

謎1.スリザリンの後継者

スリザリンの後継者とは、スリザリン寮の創設者であるサラザール・スリザリンの後継者のことです。

ホグワーツを追われたサラザール・スリザリン

ホグワーツで「マグル生まれの生徒を受け入れるか」という問題を巡って、スリザリンは残りの3人の創設者(グリフィンドール、レイブンクロー、ハッフルパフ)と論争を繰り広げました。

最終的に、議論に敗れたサラザール・スリザリンは、マグル生まれの生徒を受け入れることになったホグワーツを去ることになります。

サラザール・スリザリンが「秘密の部屋」を作る

そして、ホグワーツを去る前に、スリザリンは「秘密の部屋」をホグワーツの地下深くに作りました。

そこには、巨大な蛇の怪物であるバジリスクが住んでいて、秘密の部屋を開けた「スリザリンの後継者」がその大蛇を使い、マグル生まれの生徒をホグワーツから追放する…

というのが、サラザール・スリザリンの思い描いたストーリーでした。

「秘密の部屋」を初めて開いたのは、例のアノ人

「秘密の部屋」は長らくホグワーツの”伝説”として語り継がれ、ついに、その伝説は現実になるときがやってきます。

「秘密の部屋」を開いたのは、スリザリンの遠い親戚にあたるトム・リドル(ヴォルデモートの青年時代)。

Credit: Official Giphy

リドルはスリザリンの血筋から受け継いだパーセルマウス(蛇と話す能力)を使ってバジリスクを操り、次々にマグル生まれの生徒を攻撃します…

「リドルの日記」に操られ、「秘密の部屋」を再び開いたのは…

トム・リドルがホグワーツを卒業してからは、秘密の部屋は再び閉じられますが、ハリーの時代になると、再び秘密の部屋の封印が解かれます。

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を見た方はご存じの通り、秘密の部屋を開いたのは、「リドルの日記」に封印されたトム・リドル(若き日のヴォルデモート)で、彼はロンの妹、ジニーを使ってそのミッションを実行します。

スリザリンの後継者とは…?

そして、ジニーを助けるために秘密の部屋を開いたのはハリーでしたが、ハリーはスリザリンの後継者ではありません。

スリザリンの後継者は、トム・リドル、つまりヴォルデモートのことを指します。

謎2.バジリスク

バジリスクは、「秘密の部屋」に住まう大蛇のことでした。

HARRY POTTER VS THE BASILISK (Tom Riddle's diary)

バジリスクの特徴は、「バジリスクと目を合わせたものは、すぐに死んでしまう」ということ。

「ハリー・ポッターと賢者の石」では、カメラ越しや水の反射でバジリスクの姿を見た(直接見たわけではない)おかげで、沢山の生徒が命拾いをしています。

ちなみに、バジリスクはヨーロッパの古代の伝承に伝わる伝説の生き物で、1世紀当たりの文書にも登場しています。

Credit: Creative Commons (Wikipedia)

謎3.スリザリンのロケット

スリザリンのロケットとは、ヴォルデモートが分霊箱(ホークラックス:不老不死を実現するためのもの)の一つに選んだアイテムでした。

ちなみに、ロケットのスペルはLocket。Locketとは、いわゆるロケット🚀(Rocket)のことではありません!

英語でいうロケット(Locket)とは、開閉式のペンダントのこと。

Credit: Official Instagram

1.サラザール・スリザリンが、ロケットを作る

サラザール・スリザリンによってつくられたロケットは、その子孫によって大切に受け継がれていました。

2.ヴォルデモートの母親が、スリザリンのロケットを売る

それを受け継いだのが、ヴォルデモートの母親であるメローピー・ゴーントでした。

メローピーはマグルの夫に出会い、ヴォルデモートを妊娠しますが、その後マグルの夫に捨てられて一文無しになってしまいます。

Credit: Official Giphy

その時に、メローピーはスリザリンのロケットを10ガレオンで売ってしまいました。

3.スミス夫人が、スリザリンのロケットを購入する

スリザリンのロケットは商人のカラクタクス・バーク(Caractacus Burke)の手に渡り、それを購入したのはハッフルパフの子孫であるヘプシバ・スミス(Hepzibah Smith)夫人でした。

4.ヴォルデモートが、スミス夫人からロケットを奪う

ホグワーツを卒業した後、骨とう品店ボージン・アンド・バークスに就職したトム・リドル(ヴォルデモート)は、偶然そのスミス夫人のもとを訪れることになります。

スミス夫人からロケットのことを耳にしたリドル。「一家の宝のロケットは、自分の物も同然」と考えたリドルは、2日以内にスミス夫人を殺害して、ロケットを奪ってしまいます。

5.ヴォルデモートが、ロケットを分霊箱に変える

そのままボージン・アンド・バークスを退職したヴォルデモートは、ロケットを分霊箱(ホークラックス)に変えました。

Credit: Official Giphy

分霊箱の魔力で不死身になったヴォルデモートは、湖の洞窟にロケットを隠します。

それを手伝ったのは、屋敷しもべ妖精のクリーチャーでしたが、ヴォルデモートはクリーチャーは死んでもいいと考え、クリーチャーをそのままを洞窟に置いて去ってしまいます。

Credit: Official Instagram

6.レギュラス・ブラックが偽のロケットをすり替える

クリーチャーは、何とか主人であるレギュラス・ブラックのもとに帰ります。

ヴォルデモートのクリーチャーへの扱いに激怒したレギュラス・ブラックは、ヴォルデモートへの復讐を企みます。

Credit: Official Instagram

「ヴォルデモートの分霊箱の秘密」を知ったブラックは、洞窟に向かい、本物のロケットを偽のロケットにすり替えました。

ブラックはその場で死んでしまい、クリーチャーは本物のロケットを持ち帰ります。

7.ブラック家にロケットが保管される

クリーチャーは、ヴォルデモートへの復讐を果たすため、ブラックから「ロケットを破壊すること」という指令を受けていました。

しかし、クリーチャーの魔力ではロケットを破壊することは出来ず、そのままブラック家にロケットが保管され続けることになります。

8.ダンブルドアが、偽のロケットを発見する

ヴォルデモートの分霊箱の存在を知ったダンブルドアは、「謎のプリンス」でハリーと洞窟へ向かいます。

苦難の末にロケットを手に入れますが、それは偽物でした…

Harry Potter and the Half-Blood Prince (3/5) Movie CLIP - The Dark Lake (2009) HD

9.マンダンガス・フレッチャーが、ロケットをアンブリッジに転売する

「不死鳥の騎士団」の一員として、アジトであるブラック家に出入りしていたマンダンガス・フレッチャーでしたが、彼の本業は泥棒でした。

Credit: Official Instagram

フレッチャーはブラック家の品物を盗み、ブラック・マーケットで転売しているところをドローレス・アンブリッジに捕まります。

アンブリッジは「スリザリンのロケット」を発見し、それを譲ることを条件にフレッチャーを逃がします。

10.ハリーたちが、アンブリッジからロケットを奪う

ダンブルドアが発見したロケットが偽物だと知ったハリーは、本物をアンブリッジが所有していることを突き止めます。

魔法省に忍び込んだハリー、ロンとハーマイオニーは、ポリジュース薬を飲んで変身し、アンブリッジからロケットを強奪します。

この動画が、ハリーたちがスリザリンのロケットを奪ったシーン!

Breaking Into The Ministry (Part 3) | Harry Potter and the Deathly Hallows Part 1

11.ロンがスリザリンのロケットを破壊する

ハリーたちは、スリザリンのロケットを破壊するにはグリフィンドールの剣が必要だと結論を下します。

ゴドリック谷でグリフィンドールの剣を手に入れたロンは、スリザリンのロケットの破壊に成功しました。

Ron Destroys the Locket - Harry Potter and the Deathly Hallows Part 1 [HD]

---------------------------

🤔感想は?🤔

---------------------------

💭この記事が気に入ったら
みんなにシェア💭


---------------------------

🎁 無料体験→1000円ゲット(🧠👍‍😎)を集めました。良かったら使ってください🤝‍

---------------------------

🍿もっと読む🍿