Score! Match攻略⚽5-3-2🛡️最強のディフェンス・フォーメーション!👏

Score! Matchは、

  • スマホで気軽にプレーできる、楽しいサッカーゲーム!⚽☺️

でも…。

  • ディフェンスが弱い!😖すぐ2失点して負けてしまう!🤬
  • いつもカウンターで失点する!😩

そんな悩みがありますか?🙄

そんなあなたに、とっておきのフォーメーションを紹介します! 🤭

この記事では、史上最も守備的なフォーメーション、5-3-2のすべてを伝授🤝

この記事を読めば、

  • 🇮🇹 イタリア式の”カテナチオ”のように、強固なディフェンスを手に入れる
  • 格上相手にも、1-0のスコアで勝つ
  • レベル10の選手を集めたチームに、レベル8の選手で勝つ

ことができるようになります!👏

興味が湧いてきましたか? 🤭

それでは、始めましょう!

👑 5-3-2なら、このスタメン。

5-3-2のフォーメーションに最適なのは、このメンバー👏

  • GK: ストッパー
  • CB: イントルーダー&スピードスター x2
  • SB: プロデューサー&アーキテクト (or エクスプローラー x2)
  • CM: ガード x2 & コマンダー
  • FW: ハンマー&ポーチャー

💎キャプテンをスピードスターにコンバートして、スピードスターを2人出場させるのが理想!

💎それができなくでも、特徴が似ている選手で代用も可能。

  • スピードスター≒イントルーダー≒インフィルトレーター
  • コマンダー≒ガード≒プロテクター

次は、なぜそれぞれの選手を選んだか?について確認!

Q. なぜ、キーパーは”Gkストッパー”なの?🤔

A. Score! Match最強のキーパーだから!

各キーパーのスタッツを確認してみてください。

“ストッパー”の試合毎の失点数が、一番少ないはず!

Q. なぜ、センターバックは”イントルーダー”&”スピードスター”なの?🤔

A. カウンターに対応するため!

理想としては、速くて背の高いセンターバックが欲しい。

でも、ノーマル・プレイヤーだけで布陣を組むとすると、何かを諦める必要が。 😑

今回は、高さを諦め、スピードにこだわったセンターバックをチョイス!

彼らなら、レベル10の選手やスーパープレイヤーにも対応できる。

Q. なぜ、サイドバックは”プロデューサー”&”アーキテクト”なの?🤔

A. 相手のディフェンスラインを混乱させるため!

直感的に、サイドにテクニカルな選手を置くのは変な感じがするかも。 🤔

でも、この采配にはしっかりとした意図が!

  1. プロデューサーとアーキテクトは、ボールをキープできる
  2. 敵のディフェンスが、プレスをかけてきても、
  3. かわす or タックルされる前にパスで逃げる

これを繰り返すと、相手のディフェンスラインがどうなるか…。

は、サッカーをプレーしたことのある方なら分かるはず!😏

つり出されたディフェンスは、スペースを生み、そこから攻撃すれば得点が容易になる!

▶️この動画の、イニエスタのサイドでのプレーがイメージ

Andrés Iniesta - When Football Becomes Art

Q. なぜ、セントラルハーフは”ガード”&”コマンダー”なの?🤔

A. ポゼッションとインターセプトのため!

絶対にリスキーなプレーをしない、ガードとコマンダー。

彼らをミッドフィールドに配置することによって、ボールを奪われる確率を下げ、ポゼッション率を上げることができる!🔝

さらに、プロデューサーやアーキテクトと同じように、相手のディフェンスを引き付けることも可能。

「相手のディフェンスを翻弄した後、フォワードに決定的なパスを供給する」という意味でも、重要なポジション!👏

もちろん、彼らの本職であるディフェンスに関しては一級品。

Q. なぜ、フォワードは”ハンマー”&”ポーチャー”なの?🤔

A. 長距離から早めのシュートを打つため!(カウンターを受けるリスクを軽減)

フォワードにハンマーとポーチャーの二人を置いた理由は、彼らのシュートへの意識の高さから!

5-3-2のフォーメーションの場合、前線にスピードタイプの選手を置くと、タックルを受けてロングカウンターを受けることが多い!😭

だから、

  • タックルされる前に、シュートを打つことができる

二人を選んだというわけ。

シュートが外れても、コーナーキックに持ち込むことができれば、カウンターのリスクは最小限にできる!😘

注意点としては、この二人を使いこなすには、

  • ロングシュートのテクニックが不可欠

だということ!

「シュートのコツ」に関しては、近日中に記事を公開するのでお楽しみに!👏

さらに、ポストプレーが上手いのもこの二人の良さ。

ポゼッション⚽: 相手を焦らしながら、ディフェンス・ラインが崩れる瞬間を狙う!

次に、実際の戦術について解説。

このフォーメーションでは、基本的には5人の選手でパスを回していく。

  • ガード x2
  • コマンダー
  • プロデューサー
  • アーキテクト

この5人の選手が、下の画像のように、ポゼッションの時には一列に並ぶ。

彼らに加えて、二人のフォワードもいる。

フォワードにパスをするタイミングは、

  • 明らかなゴールチャンスがあるとき
  • 5人の選手にパスを出せないとき

の二つ!

  • フォワード x2
  • セントラルハーフ x3&サイドバック x2

この2本のライン間でパスを繰り返して、相手を少しづつ焦らしていく

というのが、このフォーメーションで目指す攻撃の形!☑️

追加情報として、おすすめのキックオフの流れはこれ。

  • ゴールキーパーにパス
  • ゴールキーパーから、”5人の選手”にパス(サイドバックにバスを出すのが最適)
  • そこから、ポゼッションを始める

最後に、ディフェンスラインの3人へのパスのコツ。

  • 普通にパスをすると、無謀なドリブルを始めてしまう。
  • 後ろに走らせるような”逆スルーパス”を出すと、リスキーなプレーをしなくなる

これを意識!

得点パターン🔫: ロング&ミドル・シュート

ポゼッションを理解したところで、次のステップへ!

まずは、単純明快に、ゴールまでの手順を確認。

  1. 5人の選手&2人のフォワードでポゼッション
  2. 決定機が訪れるまで、ポゼッションを続ける(焦らす)
  3. 決定機が訪れたら、フォワードにパス
  4. シュート

相手のディフェンダーよりも、味方のハンマーのほうが空中戦に強い場合は、アーキテクトからのシンプルなクロスもあり!

この流れの良い所は、

  • ポゼッションをする選手は、リスキーなプレーをしない
  • フォワードは、すぐにシュートする

から、カウンターを受けにくい点。😉

先ほども書いた通り、このフォーメーションで得点するためには、ロング&ミドルシュートを上達させることが不可欠!

(シュートのコツに関しては、近日中に記事を公開予定!)

さらに、仮にカウンターを受けても、3バックは全員スピードタイプなので、すぐにボールを回収できる。👏

ディフェンス🛡️: “ゴール前にバスを停める”鉄壁の守備!

このフォーメーションの最大の長所ディフェンスについて。

といえども、何も難しいことは何もなく。

この5-3-2は、

  • 守備のルールをしっかりと守れば、誰でも失点数を減らすことができる

フォーメーションです!

ルール1🛡️: プレスの順番

最初のルールは、プレスの順番。

  1. 最初は、ボールを持っている相手のサイドのフォワード
  2. 次に、同じサイドのセントラルハーフ

この順番にプレスすること。簡単。

相手がサイドチェンジをしてきたら、逆サイドのセントラルハーフ(もしくはフォワード)で対応。

これを、永遠に繰り返す!

ルール2🛡️: サイドバックのポジショニング

次は、サイドバックのポジショニングについて!

最大の注意点は、

  • サイドバックの裏のスペースを意識(カバーする)こと。

下の写真を見てください。

左サイドバック(プロデューサー)が、高い位置を取りすぎている!

サイドバックがあまりに高いポジションを取っていると、

  • サイドバックの裏のスペース(赤い斜線)

を簡単に使われてしまう!

5-3-2をプレーするなら、ここは意識してほしい!✅

反対に、サイドバックのプレスが消極的すぎると、アーリークロスを入れられてしまう可能性も。

ここは、バランスを見極めてほしい!

PK戦🎯: 心理戦を利用して、勝率を上げる。必勝メソッド!

守備的だから、ロースコアの試合になりやすいのが、5-3-2の特徴!

PK戦にもつれ込むことも多い!

心理戦を利用して、勝率を上げる方法については、この記事を参考にしてください!

まとめ🧙‍♂️:

ぜひ、5-3-2のフォーメーションを試してみてください🤝

そして、

  • Score! Matchをマスターしたい👑
  • レベル8の選手で、インフィニティ・アリーナに到達したい♾️

という方は、下のロードマップに沿って記事を読み進めてみてください!👀

⚽Score! Matchを完全にマスター!🏰ロードマップ⚽

  1. 基本スキル
    • PK⚔️
  2. フォーメーション
  3. 上級者向け
    1. 絵文字😉
    2. スーパープレイヤー👽

コメントする